2017年5月

2017年05月29日

■以下の国内学会発表を行いました.

街歩き体験を可視化するための地面インタラクションセンシング
飯倉 隆寛,北 雄介,中小路 久美代,辻 敏夫,栗田 雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2, 1P2-O05, 2017年5月

透明擬似指を利用した接触面変化計測システム
静野大樹, 荒川剛, 辻敏夫, 栗田雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2,pp.59,2017年5月

改造ラジコンとAR技術を用いた油圧ショベルのバーチャル操縦体験システム
関塚良太,笠原拓也,小岩井一茂,辻敏夫,栗田雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2, 1P2-B06, 2017年5月

空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツのアシストゲイン設計に関する考察
常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2,2P2-J04,2017年5月

2017年05月22日

■広島大学疫学研究倫理審査委員会において,以下の研究課題が承認されました.

第E-17-2号 平成29年4月19日-平成32年3月31日 ヒト疼痛度客観評価システムの開発 辻 敏夫
第E疫-725-2号 平成29年4月19日-平成30年3月31日 官能検査によるニオイ感覚データベースの構築 辻 敏夫
第E疫-1150-2号 平成29年4月19日-平成32年3月31日 児の行動データベースの構築 辻 敏夫

■以下の委員に就任しました.

国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果展開事業(地域産学バリュープログラム)専門委員
(2017.6.1-2019.3.31)

2017年05月15日

■以下の記事が掲載されました.

常識の先をゆく広大イノベーション
HU-plus (広島大学広報誌), 03, pp. 005-008, April, 2017

■以下の番組が放送されました.

学生応援チャンネルSHANI-MUに! [広島大学 身体の電気で、モノが動く]
RCCテレビ 2017年5月6日

■以下の委員に就任しました.

2017 IEEE International Conference on Information and Automation (IEEE ICIA 2017), Macau SAR, China, on July 18-20, 2017, Program committee, member
(2017.4-2017.12)

The International Conference on Medicine Sciences and Bioengineering (ICMSB2017), Chengdu, China, November 17-19, 2017, Technical Program committee, member
(2017.5-2017.12)

2017年05月08日

■RCCテレビ「学生応援チャンネルSHANI-MUに!」に本研究室の筋電グループの活動が取り上げられました.

放送は5月5日(金)27時03分〜(3分間)の予定です.お楽しみに!

■筋電グループの共同研究者をしていただいている陳 隆明先生が,社会福祉法人兵庫県立社会福祉事業団 兵庫県立総合リハビリテーションセンター所長に就任されました. 福祉のまちづくり研究所長,ロボットリハビリテーションセンター長も兼任されます.陳先生,おめでとうございます!

陳 隆明
社会福祉法人兵庫県立社会福祉事業団 兵庫県立総合リハビリテーションセンター所長
福祉のまちづくり研究所長
ロボットリハビリテーションセンター長

■卒業生の島 圭介先生(横浜国立大学 大学院工学研究院 准教授)が2016年度(平成28年度)日本機械学会奨励賞(研究)を受賞しました. 島先生,おめでとうございます!

島 圭介
2016年度(平成28年度)日本機械学会奨励賞(研究)(2017)
受賞対象:
「人間支援のための生体信号解析技術とヒューマンインタフェースに関する研究」

■以下の国内学会発表を行いました.

血管粘弾性変化率によりオシロメトリック式血管内皮機能評価法ezFMDの識別能力は向上するか?
田中敬士,平野陽豊,曽智,栗田雄一,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,東幸仁,吉栖正生,辻敏夫
第2回日本血管不全学会学術集会抄録集,一般演題3血管機能3 pp.36,2017年4月.

2017年05月01日

■広島大学ハイパーヒューマンテクノロジープロジェクト研究センターの更新が承認されました.

現在のプロジェクト:
平成29〜31年度 広島大学ハイパーヒューマンテクノロジープロジェクト研究センター
センター長: 辻 敏夫
研究実施機関
広島大学大学院工学研究科,広島大学大学院医歯薬保健学研究科,広島大学病院
https://www.hiroshima-u.ac.jp/prc/center_list/procen_hyperhumantech

過去のプロジェクト:
平成15〜28年度 広島大学ハイパーヒューマンテクノロジープロジェクト研究センター
センター長: 辻 敏夫
研究実施機関
広島大学大学院工学研究院,広島大学大学院医歯薬保健学研究院,広島大学病院
設置期間:2003年04月01日〜2017年03月31日
https://www.hiroshima-u.ac.jp/prc/center_list/procen_hyperhumantech

■以下の論文が掲載決定になりました.

Unpowered sensorimotor-enhancing suit reduces muscle activation and improves force perception
Yuichi Kurita, Jumpei Sato, Takayuki Tanaka, Minoru Shinohara, and Toshio Tsuji
IEEE Transactions on Human-Machine Systems (Accepted) (SCI, IF=1.8)

■以下の国際会議論文がアクセプトされました.

Variance Distribution Analysis of Surface EMG Signals Based on Marginal Maximum Likelihood Estimation
Akira Furui, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'17), Jeju Island, Korea, July 11-15, 2017 (Accepted)

     
履歴

2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年07月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2012年11月
2012年09月
2012年06月
2012年04月
2012年03月
2012年01月
2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年04月
2010年03月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年7月
2003年6月
2003年5月
2003年4月
2003年3月
2003年2月
2003年1月